未分類

利尻ヘアカラートリートメントの使い方!効果的な染め方とは?

売上本数が1800万本を突破している利尻ヘアカラートリートメント。

そのため知名度が高く、使ってみたいと考えている方も多いのではないかと思います。

人気がある利尻ヘアカラートリートメントの効果は本当にすごいのかどうか、自分の手で試してみたいですよね。

今回はそんな利尻ヘアカラートリートメントの使い方についてご紹介していきます。

今日からあなたも白髪染めのストレスから解放されてみませんか?

利尻ヘアカラートリートメントとは?どんな特徴があるの?

まずは利尻ヘアカラートリートメントの特徴からご説明していきます。

利尻ヘアカラートリートメントには、以下のような特徴がありますよ。

 28種類の植物由来成分が髪や頭皮をサポート

利尻ヘアカラートリートメントには、28種類の植物由来成分が含まれています。

それらの成分は次の通りです。

成分(28種類)
天然利尻昆布、ミツロウ・ローヤルゼリーエキス・アルギン酸Na・加水分解シルク・加水分解ケラチン(羊毛)・カキタンニン・ローマカミツレ花エキス・ローズマリー葉エキス・ミリスチン酸・ボタンエキス・プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス・パーシック油・ニンニクエキス・トコフェロール・センブリエキス・セイヨウキズタ葉/茎エキス・セイヨウアカマツ球果エキス・ステアリン酸グリセリル・ゴボウ根エキス・ゲンチアナ根エキス・カワラヨモギ花エキス・カミツレ花エキス・オタネニンジン根エキス・オクラ果実エキス・アルニカ花エキス・アルテア根エキス・ヒマシ油・ムラサキ根エキス・クチナシエキス

このように、利尻ヘアカラートリートメントには豊富な成分が配合されています。

これらの成分には、髪や頭皮をサポートする働きがありますよ。

中でも天然利尻昆布は髪にツヤを与える効果があるので、白髪を染めながら美髪へと変えていくことが期待できます。

 危険な成分が含まれていない無添加の白髪染め

白髪染めに含有している成分には、アレルギー成分や肌に害のある成分などがあります。

染めるために使ったのに、それによって体へ影響が出てしまったらとても残念ですよね。

しかし利尻ヘアカラートリートメントはそれらの危険な成分が含まれていない無添加の白髪染めとなっていますよ。

  • ジアミン
  • タール系色素
  • パラベン
  • 酸化剤
  • シリコーン
  • 香料
  • 鉱物油

このような成分を一切含んでいないので、敏感肌の方や妊娠中の方でも使うことができます。

 カラーは全部で4種類

利尻ヘアカラートリートメントのカラーは全部で4種類あります。

ライトブラウン ナチュラルブラウン ダークブラウン ブラック
赤みが強い茶色 自然な茶色 控えめな茶色 黒髪に向いている色

その染料には、イオン色素やナノ分子カラー・植物染料などが使用されています。

また、植物染料であるシコン・クチナシ・ウコン・アナトーなども使っているので豊富なカラーバリエーションとなっていますよ。

複数のカラーの中から選択したい方もぜひ使ってみてくださいね。

簡単4ステップ!利尻ヘアカラートリートメントを使う時の手順

それではここからは、利尻ヘアカラートリートメントの使い方についてお伝えしていきます。

利尻ヘアカラートリートメントはたったの4ステップで白髪染めを簡単に行うことができますよ。

 ステップ1.シャンプーをして髪をキレイにしてからタオルで拭く

白髪染めをする前に、シャンプーをします。

汚れた髪は上手く染まらない原因となるのでしっかりと洗いましょう。

その後はタオルで軽く拭いておきます。

ステップ2.髪へ塗る

髪へ塗る時は、白髪が目立っているところを中心にまんべんなく塗っていきます。

部分的に偏ってしまわないようにバランス良く塗るようにしましょう。

ステップ3.数分間放置して待つ

髪に塗り終えたら、数分放置します。

放置している間は髪をラップやシャワーキャップなどで温めておくと染まりやすくなりますよ。

ちなみに通常の放置時間は10分程度となっていますが、染めるのが初めての場合はそれよりも長めに時間を取っておくとより髪へ色が浸透しやすくなりますよ。

ステップ4.髪を洗い流す

あとは髪を洗い流すだけです。

この時に色が出なくなるまできちんと洗うように気を付けましょう。

洗った後はタオルで拭いてからドライヤーで髪を乾かせばOKです。

髪が乾いている状態で染めればさらに効果的

前項では髪が濡れている状態での染め方をご紹介しました。

しかし、利尻ヘアカラートリートメントにはもう1つの染め方があります。

それは髪が乾いている状態から染める方法です。

どのようにして染めるのかというのは以下でご説明していきますね。

 ステップ1.乾いた髪に塗る

乾いた髪に塗る時は、クシなどのアイテムを使いながらできるだけムラのないように塗っていきます。

白髪が目立つ部分を中心にたっぷりと塗りましょう。

ステップ2.放置して染まるのを待つ

こちらはシャンプー後の染め方とは違い、30分から1時間ほど髪を放置する必要があります。

放置時間はシャワーキャップやラップなどを使用すると、キレイな髪の染めあがりにすることができますよ。

ステップ3.シャンプーで髪を洗い流す

時間が経過したらシャンプーをして髪を洗い流します。

利尻で染めた後の髪を長持ちさせる方法

最後に、染めた後の髪を長持ちさせる方法についてお伝えしていきますね。

普段の行動を少し変えるだけで色持ち具合を変えることができますよ。

 色が流れにくいアミノ酸のシャンプーを使う

アミノ酸のシャンプーを使えば、色の流出を抑えることができます。

石油系のシャンプーはキューティクルに刺激を与えてしまうので色素が流れ出てしまいやすくなります。

また、シリコンが含まれているシャンプーは染料を一緒に流してしまうので染まりにくくなってしまうことがあります。

しかしアミノ酸のシャンプーだと低刺激で髪を洗うことができるので、色がすぐに落ちてしまうのを防ぐことができますよ。

 髪を冷やすと色素が流れ出てしまうのを抑えることができる

髪を冷やすことでも色素が薄くなってしまうのを抑えることができます。

どうやって冷やすかというと、その方法には

  • 髪を洗い流す前に冷たい水をかける
  • 冷風のドライヤーを使った髪を乾かす

などがあります。

髪が冷えるとキューティクルが締まり、色落ちのスピードを落とすことができるので、染めた後の髪を長持ちさせることができますよ。

 使用頻度を多くする

色持ちを良くするためには使用頻度を増やすという手もあります。

人それぞれで白髪が生える速度や髪質は異なるので、どれだけ工夫をしてもすぐに白髪に戻ってしまうなんてことがあるかもしれません。

そこで、頻繁に白髪染めトリートメントを使うと白髪の量をキープしていくことができますよ。

まとめ

利尻ヘアカラートリートメントには、シャンプー後とシャンプー前の2つの使い方がありました。

ですが髪を洗う前に白髪染めを行った方が染まりやすいので、シャンプー後だと上手く染まらないという方はぜひ試してみてくださいね。

また、これから利尻ヘアカラートリートメントを使おうと考えている方も、上記でご紹介したことを参考にしていただけると嬉しいです。

白髪のない髪を維持して、いつまでも若々しい見た目年齢で過ごしていきましょう。